研修部

・研修部の新着情報です。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

令和3年度 第6回研修会
2021/11/30

令和3年11月22日(火)に、今年度の第6回研修会として税理士の加茂川健司先生を講師にお迎えして「売上のメカニズム〜人を動かす脳の法則〜」を会場とZoomを併用して開催しました。

加茂川先生は、第1回研修会の講師である藤田耕司先生の経営心理士講座を受講されて学んだことを実直に取り組まれてかなりの成果をだされています。

Zoomでご参加の皆様にもアウトブレイクルームを設定してWEB上でディスカッションをしていただきました。売上のメカニズムについて加茂川先生の知識を余すところなく教えていただけたのでとても有意義な研修でした。

令和3年度 第5回研修会
2021/11/30

令和3年10月19日(火)に、今年度の第5回研修会として税理士の木下勇人先生を講師にお迎えして「取引相場のない株式評価の実務的適用方法の検証〜相続・贈与、それ以外の場面での評価方法〜」を会場とZoomを併用して開催しました。

取引相場のない株式は一物一価ではなく、その取得者によって全く異なる株価を採用することが多くあるため、それぞれの際に適用する株価は単なる原則的評価だけでなく、それ以外の株価を含めて使い分ける必要がありとても複雑でややこしい論点です。

著名な木下勇人先生に様々な場面に応じた税務上採用する株価の適用方法を体系的に整理できるように解説していただきましたので、とても有意義な研修でした。

令和3年度 第4回研修会
2021/11/30

令和3年9月24日(金)に、今年度の第4回研修会として税理士の金井恵美子先生を講師にお迎えして「日本型インボイス制度の留意点〜ついに始まる登録申請書の受付〜」を会場とZoomを併用して開催しました。

令和3年10月1日より「適格請求書発行事業者」になるための登録申請が始まりました。著名な金井恵美子先生に適格請求書等保存方式の概要、デジタル化、仕入税額控除の要件等について解説していただきました。

このタイミングでインボイス制度について知識をアップデートできたので、とても有意義な研修でした。

令和3年度 第3回研修会
2021/11/30

令和3年9月15日(水)に、令和3年度第3回研修会として税理士の伊藤俊一先生を講師にお迎えして「節税商品のトレンドと税務上の疑義ある点〜顧問先に正しい提案ができるために〜」を会場とZoomを併用して開催しました。

節税保険が通達により封じ込められた今、企業の節税ニーズは様々な節税商品に転換しています。節税商品を活用する際の問題点・リスクを抑えておかないと税理士への責任問題にもつながります。

伊藤先生は日本中の税理士からの質問を受付け日々回答されています。様々な節税商品の問題点・リスクについて、伊藤先生の見解も交えながら、余すことなく教えていただけたので、とても有意義な研修でした。

令和3年度 第2回研修会
2021/10/12

令和3年8月27日(金)に、今年度の第2回研修会として株式会社MBSコンサルティング代表取締役の吉田学先生を講師としてお迎えして「顧問先を倒産させないためのアフターコロナにおける資金調達術」を会場とZoomを併用して開催しました。

まずはじめに、コロナ禍における中小企業の現状を客観的に把握し、現状のコロナ資金繰り対策について確認をしました。
そして、AFTERコロナ、WITHコロナ、今後どうすればよいのか?という疑問に対して、具体的な方策を教えていただきました。

また、融資関係だけでなく事業再構築補助金等の補助金関係のポイントについても出し惜しみなく色々教えていただけたので、とても有意義な研修でした。

令和3年度 第1回研修会
2021/10/12

令和3年7月26日(月)に、今年度の第1回研修会として公認会計士・税理士であり一般社団法人日本経営心理士協会の代表理事である藤田耕司先生を講師としてお迎えして「高収益体質の士業事務所運営とコンサルティング契約の取り方」を会場とZoomを併用して開催しました。

高収益体質の組織作りをするためにはどうすればよいのか?またコンサルティング契約の獲得のためにはどうすればよいのか?具体的な手法・考え方を出し惜しみなく色々教えていただけたので、とても有意義な研修でした。

令和2年度 第16回研修会
2021/06/15

 昨日6月14日(月)に、今年度の第16回研修会として税理士 伊藤俊一先生を講師としてお迎えして、「多くの中小企業が悩まされている『オーナー貸付金・借入金の消去に関する税務』」を開催しました。


 今回は特にオーナーからの貸付金(会社から見たらオーナー借入金)について、法人税と相続税の観点から重点的に解説していただきました。これらの貸付金は、実態が伴わない場合が多く、にもかかわらず相続財産にカウントされるので、できるだけ生前に精算することが重要となります。具体的な方法について、ポピュラーな方法からあまり使われていない方法まで、それぞれの税務上のリスクとともに解説していただきました。


 それにしても、実態が伴っていない金額にもかかわらず、回収不能だからという理由で減額することは、やはりできないようです、個人的には、以前から疑問に感じていたところだったんですが、実際に裁判でも納税者側が負けているそうで、理由についても「同族役員が経常的に業務をしている以上、数値上の債務超過でも倒産状態にはない」とのことで、言われてみれば確かにそうだよなあ…と感じました。
 

 私自身、知らなかったことも多く、大変勉強になりました。また、膨大な量の資料をいただいたので、後ほど読んでいけたら、と思います。

令和2年度 第15回研修会
2021/04/19

 一昨日4月17日(土)に、今年度の第15回研修会として、税理士 植田 卓 先生を講師としてお迎えして、心斎橋にあります大成閣にて「『資本金等の額』を理解する〜会社法、会計、法人税の資本概念の違いを踏まえて〜」を開催しました。

 もともとは、合格者祝賀会を開催する予定でしたが、大阪府にまん延等防止重点措置が適用されたため、合格者祝賀会を中止し、オリエンテーションと研修会のみの開催となりました。

 今回の研修は「資本金等の額」がテーマということで、ガチガチの税法の研修でした。また、実務上で触れることが少ないため、勉強するのが税理士試験で法人税法を受験して以来という方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 法人税法上の「資本金等の額」の加算・減算項目として、全部で22項目あり、その中で組織再編税制絡みの部分を除く項目について、1つ1つ丁寧に解説していただきました。特に、減資すれば均等割額が下がると思われがちですが、実際のところはそんなに簡単には行かない、という部分が、印象的でした。その辺りの部分については具体例の解説を通じて、理解が深まりました。

 4時間という長時間の研修で、頭も疲れましたが、また折を見て資料を読み返して復習しようと思います。

令和2年度 第14回研修会
2021/01/24

 昨日1月23日(土)に、今年度の第14回研修会として、税理士 植田 卓 先生を講師としてお迎えして、心斎橋にあります大成閣にて「令和3年度税制改正の動向〜税制改正の流れを読む〜」を開催しました。

 もともとは、新年互礼会・合格者祝賀会を開催する予定でしたが、大阪府に緊急事態宣言が発令されたため、合格者祝賀会を4月に延期することとし、研修会のみの開催となりました。

 まずは税理士法第一条のについて説明していただきました。第一条の条文の言葉の意味を1つ1つ丁寧に解説され、聞いておりましても、職業専門家として改めて身が引き締まる思いがしました。

 その後、税制改正大綱の最後にある検討事項について説明していただきました。この部分の三期比較をすることを通じて、今後の税制改正の流れを読むことになります。特に今回では、記帳水準の向上についてや、税理士法改正について新たに取り上げられており、これらの内容で今後改正される可能性が出てくるだろう、とのことでした。

 そして、今回の税制改正大綱の具体的な内容の解説に移りました。今回の内容のうち、実務に大きな影響が出てきそうなのは、所得拡大税制や事業再編投資損失準備金、投資促進税制あたりでしょうか。今回の研修を通じて、大綱の内容を一通りつかむことができました。

 毎年、この時期に、青税大阪支部で植田先生の税制改正の動向についての研修を開催するのは恒例になりましたが、いつも思うのは、このタイミングで税制改正の内容を把握することは大変有益だ、ということです。資料も永久保存版ですし。今後も可能であれば受講したいと感じました。

令和2年度 第13回研修会
2020/12/20

 昨日12月19日(土)に、今年度の第13回研修会として、税理士 松波 竜太 先生を講師としてお迎えして、「財務改善ノウハウ〜顧問先が融資を受けやすくするために〜」を開催しました。

 今回の研修では、顧問先が融資を受けやすくするための決算書の作り方や決算時期の決め方、銀行交渉の方法等について、具体的に教えていただきました。

 特に、銀行交渉の方法については、松波先生の経験則によるもので、一般に知られていないことが多く、大変参考になったと思います。私自身も、顧問先から資金繰りの相談を受けたり、こちらから金融機関からの借入を提案させていただくこともありますし、きっとそういう税理士の方も多いと思うのですが、今回の研修で、明日からでも使えるような貴重なノウハウを身につけられたのではないでしょうか。

 なお、この研修を受講している最中に、ネットで注文していた松波先生編著・監修の「税理士が知っておきたい中小企業の財務改善ノウハウ(第一法規)」が私のところに届きました。こちらの本も読んで、じっくり勉強させていただこうと思います。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -